“APTJ”プロジェクト開始に向けて

ArduPilot」日本発信テクノロジーの紹介
と“APTJ”プロジェクト開始に向けて

Randy Mackay(ランディ・マッケイ)x「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」による、ドローンオープンソフトウェア「ArduPilot」(アルデュパイロット)最新テクノロジー紹介と、日本から世界への発信を目的とした“APTJ”(ArduPilotTeamJapan)プロジェクトとそのエンジニア人財育成事業「第3期ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」を2017年3月25日より開始

 

そこで、JapanDronesとドローン・ジャパンならびにドローンソフトウェア養成塾卒業生有志と協働し、

1)ドローンオープンソフトウェア人財をより広域かつ多く輩出できるよう現在の「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」のリニューアル
2)ArduPilotテクノロジーの日本での普及促進と日本からの世界発信を目的に、今後ドローンを新規事業また展開拡大していく国内の産官各界からのドローンオープンソフトウェアエンジニア需要を掘り起こし、またその需要に応える仕組みづくり(“APTJ”プロジェクトhttp://aptj.jp

を2017年3月25日から開始してまいります。

 

人口減・労働力減少により今後様々な社会課題を内包する(例えば土木・建築業、インフラ点検保守、農業、物流運搬など)への解決手段としてドローンの活用が注目されています。 それらソリューションを創り出すためにソフトウェア開発技術が不可欠です。 しかし、国内にはドローンのオープンソフトウェアエンジニアが不足しており、各産業界がドローンを活用したオリジナルサービス事業を展開していく上で、その人材育成と開発需要の創造は重要なテーマです。

「Japan Drones株式会社(所在地:長野県、代表取締役社長:Randy Mackay(ランディ マッケイ)、以下、Japan Drones)」と「ドローン・ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:勝俣喜一朗、以下、ドローン・ジャパン)」は、現在ドローンオープンソフトウェアのなかでも世界で最も活用されている“ArduPilot”ソフトウェアエンジニア人財育成事業「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」を本年5月20日から取り組んでいます。

その養成塾第1期修了エンジニアにより開発された技術と、Randy氏が主導する世界最新のArduPilotテクノロジーを紹介します。

主な養成塾第1期修了エンジニアにより開発された技術 (五十音順)
No. 技術名 概要 エンジニア
1 AI-gamo-Droneの制作
(アイガモドローン)
ドローンジャパンと水田上にて水温・水深データを取得可能にする小型水上ドローンを制作した 海津裕
2 VTOL機の制作 ホバリング・垂直離着陸可能な固定翼機を制作した 小宮光裕
3 S1000(DJI)へのPixHawk設定 S1000(DJI)へPixHawkを取り付け、フライト調整を行なった 小宮光裕
4 Bluetooth通信の追加 ドローン本体とPC間の通信にBluetoothを利用可能とした 中島幸一
5 LeapMotion機能追加 LeapMotionというKinectを利用したドローンの操作を可能とした 松浦伸悟
6 LeddarOne機能追加 LeddarOneという地面からの高度を計測できるセンサーを利用可能とした 松浦伸悟
7 新FlightMode(spiral Mode) 渦巻きのようにフライトするモードを追加した 山口達也
8 新FlightMode
(Fixed Target)
基準地点にカメラが固定するモードを追加した 山口達也
9 新FlightMode
(reverse swoop)
降下速度を速くするモードを追加した 山口達也
/小田真也

 

最新の主なArduPilotテクノロジー

No. 技術名 概要 エンジニア名
10 Object Avoidance
機能追加
飛行方向の物体を検知し自動で回避する機能を追加した Randy Mackay
11 Precision Landing
機能追加
特定の地点に正確に着陸する機能を追加した Randy Mackay
12 Polygon Fence
機能追加
多角形型のジオフェンスを設定可能とした Randy Mackay